あ、私です!!
私です!!!!

今回は…
『祝・どっかの海底火山が噴火して島ができそうスペシャル!!』
と題しまして、普段どおりにお送りします。

今回は、いつも頑張ってるヴァレリアに何かやらかしてやろうという企画です。

それでは、とりあえず今回のステッカー
attak26
それでは、続きをどうぞ。


ヴァレリアちゃん、いつも頑張って衛生兵してくれてます。
仲間を絶対に見捨てない頑張り屋さんです。

そんなヴァレリアを取り巻く計画が進行されていたわけですねー。
本人にはヒミツで。

暇をもてあましたヴァレリアはウスティウルに遊びに行きました。
すると目の前にはレスキューナイツが…!!
x1
レスキューナイツは、こう言いました。
「今はサーベルタイガー討伐で忙しいので通す事ができない。」

ヴァレリアは素直でいい子です。
仕方なく引き返す事にしました。

コインブラに戻ったヴァレリアは、美人侍姉妹に
お散歩のお誘いをしました。
x2
しかし美人侍姉妹の二人は…
『今は新たな繊維の素となる素材を集めます』
と言って、多くを語らず早々に立ち去ってしまいました。

ここなら!!ということでオーシュのクレアちゃんを訪ねたヴァレリア。
x3
クレアはソケット加工で忙しいから、一緒に遊ぶ事は出来ないようです。
お客さんは全然見当たりませんが、忙しいの一点張りです。

しかたなく、カルヤさんのお店に立ち寄ったヴァレリア。
x4
話しかけるなり、こう言われました。
「アナタ、この忙しい時期に何なのよ!! どっか行きなさいよね!!」

ヴァレリアは落ち込みながらも、オーシュの公園で
グランディスとJ.D.を呼びました。
x5
純粋ながら、人の感情に敏感なヴァレリアは
皆に避けられているのではないかと不安で仕方がありません。
その事を相談しようとすると二人は…
x6
何かを思い出したフリをして、足早にその場を去っていきました。
とうとう一人ぼっちになってしまったと ヴァレリアは落ち込んでしまいました・・・。

しかし、立ち去った二人は…
x8

x7
何かを包み隠しているようにも見えます。

落ち込んだヴァレリアはリボルドウェのアンドレさんに会いに行きました。
アンドレさんなら相談に乗ってくれるはず…

しかし、アンドレさんは出会うやいなや、ヴァレリアに抱きついてきたのです。
x9
ヴァレリアは驚いてジタバタ暴れますが
巨漢オネェ系アンドレさんのハグを振り切ることができません。

アンドレさんが解放してくれても、ヴァレリアの怒りは収まりません。
x10
ヴァレリアはアンドレさんにピィピィ色々言い散らかして
その場を後にしました。

その後、アンドレさんは不的な表情を浮かべていました。
x11
「ンフゥ、あのコの体系は…ンフゥーンウ♪」


数日後…


ヴァレリアは、長女マスケッティア…フィロルさんに呼び出されました。
x12
ヴァレリアが、ここ最近の皆の態度を打ち明けようとしたその時!!
フィロルが、折りたたまれた服を差し出しました。
x13
フィロルは言いました。
「いつも健気に頑張るヴァレリアへのクリスマスプレゼントよ。」
「このときの為に皆頑張って作ってくれたサプライズプレゼントよ。」
「皆のごまかしの下手さには怒りどころか殺意を覚えたけどね♪」
「さぁ、着てみて。」

そう言ってヴァレリアに渡されたのは
x14
ソケットが1つ分だけ空いたサンタコスチュームでした。

そう、皆ヴァレリアの為にクソみてぇなウソと誤魔化しをしつつ
サプライズプレゼントを用意してくれていたのです!!

ヴァレリアは早速サンタさんコスを着てみました。
x15
ただでさえ天使なのに、サンタ要素が加わって
天使サンタさんになりましたとさ!!

で、誰がどんな役をかってたかというと…

レスキューナイツ:サーベルタイガーを駆逐してファーの部分を調達
美人侍姉妹:服の素材を調達
アンドレ:抱きついて服のサイズを測る
カルヤ:素材を素敵可愛い服に仕立て上げる
クレア:頑張ってできるだけソケット穴を空ける
JD&赤毛さん:ひたすら知らないフリをする

という事だったんですねー。
めでたしめでたしこ。